2010年05月30日

『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』Tシャツプレゼントに応募しました

先ほど、『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』オリジナルTシャツプレゼントに応募しましたイベント

はい、音楽記事ではありません(笑)元記事はこちらですので、ご応募される方はどうぞ。
http://present.seesaa.net/article/151372841.html

「時間の砂」かあ…時間旅行が可能なツールってやつですね。

時間旅行の小説と言うと、やはり王道は「時をかける少女」ですね。

時をかける少女 通常版 [DVD]

時をかける少女 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD





時をかける少女 [DVD]

時をかける少女 [DVD]

  • 出版社/メーカー: PI,ASM/角川書店
  • メディア: DVD




しかし私、Tシャツなんて応募して良かったのかな?
海外物のTシャツは、ほとんどの場合、私にはぶかぶかです(苦笑)

まあいいかるんるん多分当たらないのでわーい(嬉しい顔)

お騒がせしたお詫びに、可愛い女性たちのきれいな脚でもご覧下さいませカバン



位置情報よろしければメインのブログにもお越し下さいね。
http://mayumifukaratamamo.blog21.fc2.com/

深良マユミ作品はここで買えます!
http://mayumifukara.wook.jp/
http://forkn.jp/user/mayumifukara/books
posted by 深良マユミ at 09:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

「シャッター・アイランド」観てきました

4月1日、seesaa さんの試写会にまたも当選させていただき、「シャッター・アイランド」を観てきました@中野サンプラザ。
http://www.s-island.jp/

チラシやウェブサイトを観て、「ああ、サイコ・スリラーね」と思いましたら、まさにその通りで。
舞台は1954年。ディカプリオ扮する男主人公も、その相方も、中折れ帽子をかぶってトレンチ・コート姿で、それが結構渋くて素敵ハートたち(複数ハート)

それに、この年代…1954年と言うのにも意味があるのです。

第二次世界大戦の直後でもないけれど、記憶は風化してないというこの時代設定にね…そうです、この主人公は、大陸で兵卒としてナチス・ドイツと戦い、収容所でナチス兵を銃撃…
その思い出が、この映画を毒々しく彩ってます。
毒々しいと言えば、マーラーの音楽exclamation×2あれは見事な使い方でした!私は、映画の「謎」よりも、あの音楽の毒々しい暗さにしびれました(笑)
精神科医の集うお部屋にも流れるマーラー。なんかこう、ヨーロピアンですね(爆笑)。
それにしても、精神病の犯罪者だけを収容する孤島で、そこの院長は「患者に対して進歩的で寛大な医療を施している」というのが持論と言うのも、私は下を向いて笑いました目
…そういう連中は、社会から隔離するのが安全だよ〜〜〜というのが本音だろうが、とちょっと思ったと言う意味ですわ。はい。
まあ、このお医者さんもくわせものですので…おっしゃっていることは、とにかく眉にツバつけて聴いてしまう男主人公。この島に来てから、妄想や悪夢に苦しめられ、どんどん体調が悪化し、あげくの果てには(これはいえません)。

しかし、本当にディカプリオは演技がお上手で…妻に死なれた苦しみを抱えて、復讐を心に誓いつつ、でも人をこれ以上殺めるのは(戦時中に体験してしまったので)と、なんかうだうだ悩むんですが…

まあ、この煩悶、苦悩の仕方にも「謎」を解くキーがあると言っておきますわ。
とにかく、この暗くて重くて毒々しい心理劇は、かえって新鮮ですわ。観て損はありませんよ。
nakano5.jpg

画像は、中野の夕方の桜ですグッド(上向き矢印)






posted by 深良マユミ at 00:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

ディカプリオ主演映画「シャッター・アイランド」の試写会に…

たった今、seesaa さんの「試写会プレゼント」に応募いたしました。
なんでも、この、seesaa プレゼントのブログ記事にトラックバックしないといけないらしいです(笑)

…そうなの、これは音楽ブログではなくて、そのための記事ですどんっ(衝撃)

お騒がせしてごめんなさいね!!!!
お詫びに素敵な動画をどうぞ。


それにしても、私、ここのブログでトラバをしたことがないなあ…わっはっは(汗)

深良マユミ作品はここで買えます!
http://mayumifukara.wook.jp/
http://forkn.jp/user/mayumifukara/books
posted by 深良マユミ at 21:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。