2010年01月05日

Prince and the revolution「Parade」

seesaa ブログの皆様!!明けましておめでとうございますぴかぴか(新しい)

旧年中は多大なご愛顧をいただき、本当に感謝しています!!ありがとうございました。
本年も少しでも楽しんでいただけるブログ執筆にがんばりますわハートたち(複数ハート)
お題は「Prince」!!!(正確にはPrince and the revolution)語るぞ!!!殿下!

パレード

パレード

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/05/25
  • メディア: CD




これは1986年発売ですが、今聞いても斬新で、ノリノリのダンスミュージック。トップの「Christpher tracy 's parade」から4曲目の「Under the cherry moon」まで切れ目なくつながる構成が、人を舞踊と陶酔と酩酊に誘います!

私は「Under the cherry moon 」が好きだな。ピアノがジャズ的な動きをするでしょ。あの音に退廃の美を感じます。

5曲目の「Girls and boys」はヒップホップみたいだけどやっぱり「殿下」の楽曲なんですよね。ああ、シーラ・E も唱ってるねえ。彼女のヴォーカルって、ちょっと棒読み(爆笑)というか強弱がないのが、妙に旋律と合うんですよね。
あと、Prince の曲はやっぱりパーカッションを重視してますね。この
「Girls and boys」で、下手なパーカッションをされたらぶちこわしでしょう。トライアングルの入りどころが実に難しくて、ここが狂うとグルーブが出なくなるのよ。

こんな難しい曲、演奏するのも大変そうです…というか、殿下は共演するミュージシャンに対する要求は死ぬ程高かったらしいがく〜(落胆した顔)
少しミスしても首!!!!自分と同じ程度の演奏力がない人は首!
あなたみたいな天才を基準にしては…あせあせ(飛び散る汗)と言いたくなりますが。

その辺のお話は、この本で読めます。

プリンス 戦略の貴公子 (P-Vine Books)

プリンス 戦略の貴公子 (P-Vine Books)

  • 作者: ブライアン・モートン
  • 出版社/メーカー: ブルース・インターアクションズ
  • 発売日: 2008/01/25
  • メディア: 単行本



あと、好きな曲は「Mountains」かしら。このファルセットヴォイスがやっぱりPrince だと思う。またこのトランペットをパーカッション的に入れるのも実にセンスが良い。
シングルカットされて大ヒットになった「Kiss」もさすがに殿下の面目躍如というか。軽薄そうなんだけど、その実色恋の深淵をえぐっているんですわ。
You can be mine♪ なんて唱っている男は、実はそれを信じていないのよ。女を信じられないけど、今目の前にいる女をとにかく
「落としたい」そういう、愛なるものをぜーーーんぜん信じていないけど、女は、自分のものにしたい、そんなことを思っている男の心を歌った曲なんだと思う。

だって、この次の曲が「Another lover hollenyohead 」ですよexclamationそういえば、前の曲は「Do you lie?」 ですね。「ウソついてるの??」って詰問している曲なんです(笑)Prince と言う人は、なんかそういう、他者を信じないところが感じられます。
それは、Michael Jackson の「嫌な物は拒絶」といった態度とはやや違う、もっと悟りきった、「ああ、それだけのことね…」という諦観めいた寂しさかも。


最後の楽曲「Sometimes it snows in april」は、切実に悲しくて美しい曲。
私はPrince のバラード曲が好き。そうそう「Diamonds and Pearls」も好きなアルバムの1つです。

Diamonds and Pearls

Diamonds and Pearls

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros.
  • 発売日: 1994/06/17
  • メディア: CD




このアルバムのジャケットは、殿下のこれまでの「勘違いしたセックスシンボル路線」ではなくなったので、非常に安心して聴けます(そういう聞き方は邪道か??)
そうそう、Prince の真価はこれだ!という方もおられます。

1999

1999

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/05/25
  • メディア: CD




このジャケットは、当時はびっくりしました(苦笑)え?それよりも裏ジャケット??(笑)
…そうですね。でもまあジャケットの衝撃は「Lovesexy 」ですかね…あえてアマゾンのリンクはやめておきますが。
そんな殿下も、もう50歳なんですね…

02年11月の日本武道館でのライブはGreat でした。
Maceo Parker の素晴らしかったこと!いやーーーーあの時ほどPrince のファンでいて良かったと思ったことはなかったです。お聞き下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=6yC32rRSKbs&feature=related

深良マユミ作品はここで買えます!
http://mayumifukara.wook.jp/
http://forkn.jp/user/mayumifukara/


posted by 深良マユミ at 21:35| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。